空亡について
四柱推命は60干支を使った東洋占術の一つですが、60干支は十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)と十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の組み合わせて構成されています。

この世は時間と空間で成り立っており、十二支は12単位の時間を意味し、十干は10単位の物質世界を意味し、時間と空間の関係を表したものが60干支です。

60干支は十二支と十干を一つづつ組み合わせたもの(甲子や丙午など)ですが、組み合わせて行くと十干は2つ足りず、その足りない部分を四柱推命では「空亡」と呼び、算命学では「天冲殺」、0学では「0地帯」、六星占術では「大殺界」と呼んでいます。

0地帯と大殺界は3年間ありますが、これは西暦で偶数年生まれは空亡の前年を、奇数年生まれは空亡の後年を含めているためで、前者は空亡の前触れ、後者は空亡の後遺症と考えるとわかりやすいです。

「空亡」とは時間と空間のバランスが狂うことを意味し、この世に存在する全てのものがその影響を受けますが、時間と空間とは何か(この世とは何か)を考えさせてくれる重要なものでもあります。
+ 六十干支一覧 +
( )内は六星占術の各名称
子丑空亡
(水星人)
寅卯空亡
(木星人)
辰巳空亡
(天王星人)
午未空亡
(火星人)
申酉空亡
(金星人)
戌亥空亡
(土星人)
甲寅 甲辰 甲午 甲申 甲戌 甲子
乙卯 乙巳 乙未 乙酉 乙亥 乙丑
丙辰 丙午 丙申 丙戌 丙子 丙寅
丁巳 丁未 丁酉 丁亥 丁丑 丁卯
戊午 戊申 戊戌 戊子 戊寅 戊辰
己未 己酉 己亥 己丑 己卯 己巳
庚申 庚戌 庚子 庚寅 庚辰 庚午
辛酉 辛亥 辛丑 辛卯 辛巳 辛未
壬戌 壬子 壬寅 壬辰 壬午 壬申
10 癸亥 癸丑 癸卯 癸巳 癸未 癸酉
11 −子 空亡 −寅 空亡 −辰 空亡 −午 空亡 −申 空亡 −戌 空亡
12 −丑 空亡 −卯 空亡 −巳 空亡 −未 空亡 −酉 空亡 −亥 空亡
↑ 足りない部分の干支を指し、○○空亡と呼ぶ ↑

足りない部分はそれぞれ違い、この違いが各星人の特徴を生み出していて、同じ○星人でも10種類あるので十人十色です。

60干支は年・月・日・時間にも当てはめられており、詳細なカレンダーには60干支が記入されています(参考:こよみのページ)。 その年、その月、その日、その時間にはそれぞれ特徴があり、誕生日のそれぞれの60干支を表したものが四柱推命や算命学ですが、その人に最も影響を与えるのは生まれた日(何日生まれか)であり、○星人とは、生まれた日の干支のことです。例えば土星人の甲子の人なら、生まれた日のカレンダーの日付は甲子になっています。

数秘術でも生まれた日は重要であり、運勢占いでは生まれた日の数字を使って年や日の運勢を計算します。

また、この干支は外界との関係を意味しているので、各星人の性格とは外界に対するスタンスのようなものと考えられ、数秘術の各数字の性格とは意味が違います。
大殺界について
その人の空亡の年(大殺界)とは、足りない部分の干支の年のことで、寅年の場合は、木星人は寅が足りないので、寅年には木星人が大殺界になります。寅の年とは世の中が寅の特徴を持つので、寅が足りない木星人は寅年の世の中に上手く対応できませんが、それだけではなく、空亡とは時間と空間がアンバランスになることなので、木星人の人そのものがアンバランスになってしまい、別次元にいるような状態です。

別次元で新しいことを始めても、それは別次元限定のことなので、正常な状態に戻ったとき上手く行きません。そのため大殺界の年には新しいことを始めてはいけないと言われるわけです。でも、時間と空間とは物質世界のことなので、物質世界に直接関係ないものなら上手くいきます。頭の中に知識を詰め込むだけなら物質世界とは関係ないので、大殺界の年には勉強し、大殺界が終わったら実行に移すと上手く行くと言われています。

このことから、60干支を使った占いとは物質世界限定の占いだということがわかります。その人の肉体面に影響があるので空亡の年には体調を崩す傾向があり、その影響で精神面も不調になるようです。

結婚もよくないと言われているのは、結婚とは自分という存在のあり方を変える行為だからで、何をしても調子が狂い上手く行きません。例えば、そのまんま東は大殺界に結婚しており、結婚中は運気が低下していましたが、離婚したら運気が元に戻り知事になりました。こういう例はたくさんあります。

別次元なので良いことがあることもあり、一発屋と呼ばれる人の多くは大殺界に大活躍していて、通常の状態に戻ったとき元の状態に戻っています。なので期間限定なら新しいことを始めても大丈夫ですが、結婚のように今後の人生を決めることは避けた方がいいわけです。何か事情があって人生が変わった場合は一時的なものと考え、後でまた変えた方がいいでしょう。
恋愛について
空亡(大殺界)の年に出会った異性は、極端な言い方をすれば異次元の魔物です。人は第一印象を引きずるため、その年に上手く対応できないあなたの印象をずっと引きずってしまい、あなたのことを軽視し尊重してくれないので、後々裏切られたりトラブルの種になります。異性に限らず同性でもそうです。

でも、空亡(大殺界)に入ると価値観がひっくり返りひやすく、今まで避けていたもの、抵抗を感じていたものにのめり込みやすく、我を忘れて夢中になってしまい、周囲から見ると、「なぜ、あの人が、あんな人と?」と思われるカップルになることもあります。まさに「魔」に魅せられている状態で、運気は低下し、あなたの生命力を奪い続けます。相手の運気も下がり、お互い調子が狂ったままです。

愛されていないことがわかっていても離れられない、利用されているとわかっていても断れない、そんな関係になってしまうこともあるので、未練があっても断ち切る意志が必要です。
子供について
空亡(大殺界)の年は人生が変わらない方がいいので子供ができづらくなり、不妊治療しても流産しやすく、上手く行きません。

でも、この時期に授かった子供は社会に対し何か意味を持つようで、親の子ではなく社会の子供となります。親に頼るように出来ておらず、自分で考え生きて行くので、親は口出しせず地域やサークルなど社会に任せて育てた方が良く、親の価値観を押しつけると親子共々調子が狂って上手く行きません。

成長すると子供の方から親孝行したがる傾向があるので親は黙って見守るしかなく、例えば松田聖子の娘さやかは聖子の大殺界に生まれていて、あれだけ放っておかれてもちゃんと育ち、親の大殺界に生まれた子の典型的な例です。
MENUに戻る
HOME